和装コンシェルジュ 和装のコーディネートや贈り物のマナーなど役立つ情報をご紹介。

和装コンシェルジュ

ギフトの贈り方・マナー

お中元・お歳暮に関する豆知識

日頃からお世話になっている方へ、季節の挨拶とともに感謝の気持ちを伝えるお中元やお歳暮。離れて暮らす両親や親戚、お世話になっている上司や恩師など、お中元やお歳暮は目上のかたに贈ることが多いのではないでしょうか。失礼のないよう、マナーはきちんと知っておくべきです。普段、なかなか伝えることができない感謝の気持ちを、この機会を利用して、伝えてみてはいかがでしょうか。

お中元・お歳暮を贈るタイミング
お中元
地方や家によって異なりますが、7月初旬から7月15日までに贈るのが一般的です。西日本では、8月初旬から8月15日までに贈る風習でしたが、最近では7月中旬までに贈ることが多くなっているようです。7月15日を過ぎてしまっても熨斗の表書きを変えれば問題ありません。立秋8月8日頃までは「暑中御見舞」。それ以降は9月上旬までに「残暑御見舞」として贈りましょう。
お歳暮
12月初旬から12月25日までに贈るのが一般的です。お歳暮の場合も遅くなってしまった場合には、小正月1月7日までは「お年賀」。それ以降は立春2月4日頃までに「寒中御見舞」として送りましょう。
お中元・お歳暮の相場
一般的な相場は3,000円〜5,000円です。予算は贈る相手やお付き合いの関係によりますが、上司など目上の方に贈る場合は5,000円程度のものを選ぶ方が多いようです。あまり高額ですと相手の負担になってしまうこともあるので気をつけましょう。
「のし、掛け紙」について
水引

水引は紅白の蝶結びが一般的です。魚や肉などの生ものにはのし紙の右上につける飾りはつけません。
銀座くのやでご利用いただける「のし紙」は、古くから利用されている、一本線の「紅一本」になります。紅一本の水引きは、蝶結び・結びきり両用です。くのやの「のし」について詳しくはこちらをご覧下さい。

お中元【表書き】

7月初旬から7月15日までに贈る場合「御中元」
7月中旬から8月8日頃までに贈る場合「暑中御見舞」
8月上旬から9月上旬の贈る場合「残暑御見舞」

お歳暮【表書き】

12月初旬から12月25日までに贈る場合「御歳暮」
12月下旬から1月7日頃まで贈る場合「御年賀」
1月上旬から2月4日頃までに贈る場合「寒中御見舞」

こんなときはどうする?
お中元とお歳暮、両方贈らないとだめ?

両方贈らなくても問題はありません。年に一回、感謝の気持ちを贈る場合には、お歳暮のみとする場合が多いようです。両方おくる場合には、お歳暮のほうが少し予算を高めにする場合が多いようです。

不幸があった場合、贈っても大丈夫?

お中元やお歳暮はお祝いごとではないので、贈る側、贈られる側のいずれかが喪中であっても、贈って差し支えありません。しかし四十九日が過ぎていない場合は、時期を遅らせて「暑中御見舞」「残暑御見舞」「寒中御見舞」などとして贈りましょう。

もらった場合、お返しは必要?

お中元やお歳暮には基本的にお返しは不要です。しかし、いただいた場合には、きちんとお礼を伝えるのがマナー。お礼状を出すか、電話やメールでお礼を伝えましょう。

お中元・御歳暮のマナー
  • 目上の方へ贈る場合、「金権類」や踏みつけることに通じる「履物類」、勤勉奨励を意味する「筆記用具」や「時計類」は避けましょう。
  • お中元やお歳暮を贈る時期は、相手が夏休みや冬休みで家を長期留守にする可能性があります。生鮮食品を贈る場合は、事前に確認するのが良いでしょう。確認しづらい場合には、日持ちする品物か日用品などを贈りましょう。
  • 本来は、先方宅を訪問して手渡しするのが礼儀ですが、最近ではデパートやネットショッピングで商品を配送することが多くなっています。そんな時でも、挨拶状はきちんと送りましょう。
銀座くのやがお薦めする季節のご挨拶